個人山行 奈良 大仏鉄道跡  2021. 10. 10. space
1.案内道表示 2.ランプ小屋(茶色の建物
案内道表示 space ランプ小屋(茶色の建物
3.SLの展示 4.四等三角点(観音寺
SLの展示 space 四等三角点(観音寺
5.観音寺橋台 6.鹿背山橋台
観音寺橋台 space 鹿背山橋台
7.梶ヶ谷隧道 8.奈良水道施設
梶ヶ谷隧道 space 奈良水道施設
9.赤橋 10.黒髪山トンネル跡
赤橋 space 黒髪山トンネル跡
11.鹿川隧道
鹿川隧道
space
space
space
200621_map
space
 登山ルート 地図をクリックすると拡大図が見られます。

 コロナウイルスに負けないために。
 ウイルスで死なないためのキーワードは、抵抗力と免疫力を上げること。
 そのため必要な方法が「歩く」ことだと思います。
 運行わずか9年の幻の鉄道、隧道や橋台など遺構を巡る歩きたび。
 大仏鉄道跡を歩きに、賛同してくれた加来さんと一緒に歩く。
 JR加茂駅からウオーキングはスタートする、線路向かいにランプ小屋が今も残されている。
 ガイドパンフレットには「旧加茂駅跨線橋支柱」の写真が写っているが見つからない、跡もなく無くなっている。
 歩き始めて蒸気機関車(SL)が展示されているのを見ながら進んで行く、前後に大仏鉄道跡を歩く方と見受けるカップルが居られる。
 最初のポイントに着く前に近くに三角点が有り確認に立ち寄る。
 小さな畑のあぜ道に「四等三角点、点名(観音寺)」が有るのを確認しコースに戻る。
 観音寺橋台・鹿背山橋台・梶ヶ谷隧道の後でスーパーマーケットの横の空き地で食事休憩を摂る。
 天気が良すぎて汗が噴き出してくる、松谷川隧道を探すのに横道に入り探すが見つからない中、大きな栗が落ちていて虫にも食われていないので持帰ることにする。
 一端元の道に戻り交差点横に下へ行っている道が有りその道に入り、廻り込むと狭い隧道を見つけることが出来た、奥は金網で封鎖されているのが見える。
 反対側から見ようと道に戻って行くとガード壁で閉ざれ入口に警備員が居られたので問いかけるとここは私有地で入れないと言われ諦める
 先に進んで行くと、螺旋の建物が建っているパンフレットには載っていなく奈良市に水道施設の様だ。
 少し先に進むと陸橋があり、その壁面が黒髪山トンネル跡の様で確認したがその先へは、熱中症で歩けなくなったので近くに有ったバス停留所まで戻りバスでJR奈良へ行く事にした。
(廣田 記)

・ 日 程=2021年9月20日(月・祝)晴
・ リーダー=廣田富三
・ 参加者=2名
・コース = JR加茂駅(9:56)〜(10:39)四等三角点(観音寺)〜(10:48)観音寺橋台
    〜(11:02)鹿背山橋台〜(11:28)梶ヶ谷隧道〜(13:14)松谷川隧道
    〜(13:48)鹿川隧道〜(13:50)奈保町BS=(13:54)奈保町=(14:07)JR奈良駅

space

space
space
「ホットニュース」ページへ戻る
space
space
space
「最近の活動」ページへ戻る
space
space
space
contents
space
space